~生涯投資額は1200円。不敗のままニ年弱で3300倍(+1.5倍α)に増やした+収支額。パチンコにプロのような専門的な知識や技術は不要。打てば打つほど増えるCR術を実践を踏まえて証明していくでござる~
2014年06月05日 (木) | 編集 |
CR北斗の拳覇者 リュウガ

確変時にトキを選ぶともっとも多く選択されるであろう敵役のリュウガ

強攻撃さえ引かなければ手頃な対戦相手なんですがね

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_024

「頭はさげぬぞトキ あえて時代のために魔狼の悪名をかぶろう」

泰山天狼拳の使い手にして ユリアの兄

拳王が消息を断ったあと、火の速さで拳王の領村を奪い取ったとされるリュウガ

12_155x.jpg

「わが星は天狼星」

天狼星… 狼の眼のごとく天空で最も強く輝き すべての神にくみせず敢えて天駆ける孤狼となった孤高の星

「この乱世には大木が必要なのだ 強大な力を持った支配という名の大木がな」

ケンシロウとの初対峙には意味深な言葉を残す

12_173.jpg

「お帰りお待ちしておりました」

「あなたの伝説を汚すであろう枝を払っておきました」

拳王を居城に迎え入れるリュウガ

12_175.jpg

「もし.. 許されるならケンシロウとの戦いを」

拳王へ望んだ褒美はケンシロウとの戦い

12_189.jpg

「天狼の星はしょせん極星になれぬことを知りました 時代は天狼より北斗を望んでおりましょう」

かつてリュウガは拳王の圧倒的な存在感に忠誠を誓っている

12_186.jpg

「ラオウは子供に恐怖と戦いを教え ケンシロウは子供の無垢な心を捉える わからぬ 果たして時代はどちらの巨木を欲しているのか」

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_010

「わが名は天狼のリュウガ これよりこの村は拳王様のもの 逆らう者は死あるのみ」

ケンシロウを見定めるために虐殺に走るリュウガ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_018

「おまえはリュウガ」

繰り返される虐殺は トキの村へも及ぶ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_021x

「北斗神拳の神髄は怒り 怒りなくしてケンシロウの拳はすべてを発揮せぬ」

「リュウガ その目に時代をみたか」

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_023

「ケンシロウがこのおれに倒れるようであれば…時代はやつを必要とせん」

「その全身に浴びた返り血が おまえの涙にみえる」

「みぬいておったか おれはあえて魔狼となりて ケンシロウを深き悲しみの淵に そのためにはおまえの死が必要だ やつはまだ真の悲しみを知らぬ おまえが死ねばケンシロウが 時代が動く」

トキの命を奪うリュウガ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_041

「フハハハハ 怒れ 怒るがよい トキを倒したこの拳でおまえもあの世へ送ってやろう」

居城を訪れるケンシロウの怒りを前に敗れ去るリュウガ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_046x

「そこまでだケンシロウ とどめをさすことはない その男はすでに自分で自分にとどめをさしている」

生きていたトキ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_047x

「陰腹.. リュウガは狂気の殺戮に走るまえに自分で腹を割った この血はリュウガの血 この男の涙.. 平和を求めあえて狂気の殺戮をなす魔狼ともなった しかし拳王の覇権が完成に近づいた今 魔狼の役に自ら幕をおろした」

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_047xx

「これほどとは この天狼の目をもってしてもこれほどとは見抜けなかった 今こそ確信した 時代はこの男をラオウよりケンシロウを」

~天狼は乱において天帝の使者となりて北斗を戦場へ誘う~

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_048x

「ケンシロウ お前を選んだわが妹ユリアの目に狂いはなかった」

ケンシロウにユリアの兄であることを告白するリュウガ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_050

「リュウガよ行こう 乱世に生き殉じた男たちのもとへ」

トキに抱かれリュウガは幕を閉じる








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ ブログランキングへ

テーマ:パチンコ・パチスロ
ジャンル:ギャンブル
2014年06月01日 (日) | 編集 |
CR 北斗の拳 覇者 シュレンx

風のヒューイ同様に『北斗の拳5覇者』では出番といった出番を与えられなかった炎のシュレン

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_085

「拳王 よくもわが弟星 風のヒューイを おれは南斗極星 朱の軍団を率いる五車星の一星 炎のシュレン」

風のヒューイの兄であって拳法の腕もヒューイより上でしょう

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_100

「五車炎情拳 わが身に触れるものは怒りの炎に包まれる」

「ぬぅ うぬは燐をつかいおるか」

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_105

しかしその炎で拳王は焼けず

「きさまごときの拳がこの拳王に通用すると思ったか」

炎を身にまとおうとも けっきょくは拳や脚での攻撃となるために拳王には通じず

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_109

「シュレン きさま なぜ これほどの執念を」

拳王ですら疑問を抱くほどシュレンの執念は凄まじい

「将の わが将の永遠の光 ケンシロウならば光り輝く されど拳王 きさまが前に立てばわが将の星は涙に濡れる それだけは それだけはさせぬ」

最期は全身を炎に包みこんで拳王を道連れにしようとこころみるもその炎すら拳王には届かず

シュレンもまたユリアの母性に魅入られた一人でした

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_097x

「ならば試してみるがいい 恐怖に縛られた部下どもの力をな」

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_097

「きさまは知らぬ 背に恐怖を背負った人間の力をな ひくことはできぬ あるのはこの拳王による確実なる死」

「ならば前進しておのれの生をつかむのみ いけえ~い」

炎のシュレンを語るに外せないこの一幕

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_098

死の恐怖という異なる暴力を組手のごとくあしらうシュレン その手から発っせられる炎 その自信に裏付けられた強さが滲み出ていましたね








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ ブログランキングへ

テーマ:パチンコ・パチスロ
ジャンル:ギャンブル
2014年05月31日 (土) | 編集 |
CR北斗の拳覇者 風のヒューイ

「拳王につく者は皆殺しだ」

『北斗の拳5覇者』ではこれといった出番を頂戴できなかった風のヒューイ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_060

「山が動いた ならばこの風も動かねばなるまい」

風のヒューイの登場シーンは斬新でした

トキの死とともに北斗の拳のイメージを一新するかのごとく異色さに溢れた登場

組織に挑む救世主 といった構図が組織vs組織へと移行する違和感

覇道を進む拳王軍に強襲をかける風の旅団

統率のとれた部隊は風のように速く そしてリーダーはとてつもなく強く その真空の力は鋼鉄をも断ち割る

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_064

「わが拳は風を友とし風の中に真空を走らせる その真空の力は鋼鉄をも断ち割る」

南斗水鳥拳のレイを彷彿とさせる拳の斬れ味

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_067

「五車星は南斗極星の守護星 天を握るには北斗にあらず 天を平定するはわれらが南斗六聖拳 最後の将」

ついに動き出した南斗最後の将の先兵として真っ先に拳王へ挑むヒューイ

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_069

でも一発

当たったはずの鋼鉄すら断つ斬撃は拳王の体に傷一つ残せず 巨大化した?拳王の拳一撃で粉砕

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第13巻_13_070

「グフ.. さすがだな 恐るべき強さだラオウ だがお前の運命もここまで 地獄でまってるぞ」

たった一幕しか登場していなくてもこれほど読者にインパクトを与えた一撃のシーンは他にありません








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ ブログランキングへ


テーマ:パチンコ・パチスロ
ジャンル:ギャンブル
2014年05月29日 (木) | 編集 |
CR北斗の拳 覇者 挑発5回

シンステージの挑発連続予告に登場します

201310260144034e9.jpg

北斗神拳を代表する奥義 ニ指真空把を受けた最初の人物がスペード

ダイヤの棒術 クラブの鉤爪 ハートの特異体質 KING配下の幹部はそこそこの強さをもっていましたが スペードだけはただのチンピラでしたね(笑)

2013102601443433d.jpg

「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ」

「そ そんな」

「その3秒後に自分の罪深さを思い知れ」

片目を奪われた復讐心からケンシロウを罠にはめましたが 格のちがいをみせつけられて両腕をへし折られたあげくに北斗残悔拳でとどめまでさされた贅沢な雑魚でした

20131026014533fb5.jpg

弱い者には徹底的に強く残酷

世紀末の乱世を現すにはよい画を並べてくれたのはスペードの功績っちゃ功績ですがね

配下のマークがクラブのなのがちと気になりもしますがねぇ(笑)

08_188a.jpg

「フッ やめておけ... そんなものでおれは倒せぬぞ」

ニ指真空把といえば拳王のコキコキが印象に強い

北斗神拳の使い手にとっては肩慣らしのような奥義なんでしょうけど...








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ ブログランキングへ


テーマ:パチンコ・パチスロ
ジャンル:ギャンブル
2014年05月25日 (日) | 編集 |
CR北斗の拳 覇者 奇跡の村

奇跡の村で木人形(デク)として登場する筋肉質な男

その正体はヘビー級チャンプまでいったほどの元ボクサー

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第06巻_06_032

「この筋肉をみてください この男 元ボクサーでヘビー級のチャンプまでいった男だそうです」

木人形(デク)狩り隊に捕まっての登場シーン

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第06巻_06_033

「バカめ おれがここへ来たのはきさまを倒すため 捕まったのはわざとだ」

鎖すら断ち切るこのパワー

パンチは一撃でアゴを砕く

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第06巻_06_035x

「きさまを倒せば村は救われる きさまの狂った人体実験をこれ以上許すわけにはいかん 死んでもらおう」

「おれのパンチは時速二〇〇キロ 一トンの岩をも砕く きさまの悪行もこれまでだ」

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第06巻_06_038

しかし北斗神拳には通用せず

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第06巻_06_039

「フム... 活もいい どうやらきさまは最高の木人形のようだ」

その資質をアミバに認められて新秘孔の実験台となる悲惨な末路

(一般コミック)[武論尊×原哲夫] 北斗の拳 第06巻_06_043

その新秘孔は失敗に終わり ...爆死

いまだにキリン柄のパンツ姿はお目に掛かれませんが 奇跡の村で当選すると 奇跡を垣間見たような錯覚を覚えもしますね








↓ブログランキングに参加しております↓
↓下記バナーのクリックお願いしますでござるm(_ _)m↓




にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村


パチンコ ブログランキングへ

テーマ:パチンコ・パチスロ
ジャンル:ギャンブル